トマト

サンマルツァーノ.jpg
サンマルツァーノ
最も多く栽培しているトマトです。加熱調理用の品種で、夏に収穫した実をすべてソースにし、瓶詰めで保存しています。ミネストローネやニョッキのトマトソースのベースとなります。

ルンゴ.jpg
ルンゴ
サンマルツァーノ種の一つですが、見た目はほとんど変わりません。ルンゴとは英語のロングの意味ですが、特に細長くもなっていません。これもソースにして保存します。

シシリアンルージュ.jpg
シシリアンルージュ
一応加熱用の品種ですが、生食でもいけるという触れ込みです。ただやはり加熱した方がおいしく、ナスの味噌煮込みにナスと同量使っています。パスタソースにも最適です。

オレンジパルチェ.jpg
オレンジパルチェ
オレンジのミニトマトはオレンジキャロルがありますが、最近栽培し始めた新しい品種です。甘みとうま味が強く、生育も旺盛です。

キャロルパッション.jpg
キャロルパッション
サカタのタネの新品種です。赤のミニトマトには代表選手のアイコがありますが、アイコが細長いのに比べてこれはまん丸です。耐病性もあるとされています。

キャロルロゼ.jpg
キャロルロゼ
ピンク色で完熟のミニトマトです。味は淡泊です。サカタのタネのミニトマトはどうもキャロルと名の付く品種が多いですね。

グーズベリー.jpg
グーズベリー
果物のグーズベリーそっくりなミニトマトです。黄色がかった緑色で完熟しており、見た目とは裏腹に甘みが強く、酸味が弱いです。

桃太郎ファイト.jpg
桃太郎ファイト
桃太郎ブランドはいろいろなバリエーションがあるようですが、見た目には違いはわかりません。日本で一番流通しているトマトでしょうか。

麗夏.jpg
麗夏
数少ない大玉トマトの一つです。巷では王様トマトのブランドで売られています。ガスパチョにはこれを使います。

アイコ.jpg
アイコ
細長い形が特徴で、最近よく出回るようになりました。安定したおいしさがあります。

イエローアイコ.jpg
イエローアイコ
アイコのイエロー版です。味はアイコです。

オレンジキャロル.jpg
オレンジキャロル
生食はもちろんん、ソースにするとその鮮やかな色が映えます。これを収穫するときはいつも頭の中で「君はファンキーモンキーベイビー」がかかっています。

千果.jpg
千果
ミニトマトの中で最も一般的な品種と言われています。でも一株で1,000個はできないと思います。

イエローミミ.jpg
イエローミミ
地元の苗屋さん曰く、「これが一番おいしい」というミニトマトです。トマトの種類は世界で8,000とか1万もあるそうです。

パープルミニ.jpg
パープルミニ
パープルというか黒に近い色をしています。トマトは実にカラフルな野菜で、ほかにも白や緑の品種があります。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: